ねむくありませんから

犬も「あくび」をするよね!

人間の「あくび」は、ねむいときに出ることがおおいのだろうけど、

犬のあくびは、そうとはかぎらないんだワン!

「あくび」もカーミングシグナルのひとつ。

生まれたての犬は、いろいろなシグナルを出せないけど、

「あくび」だけは、生まれて1日もたてば出せるんだって!

犬が、なんとなく、イヤだったり、いごこちがわるい時にするよ。

それにしても、大きな「あくび」だワン・・・

「あくび」は、人にもマネできるね。
犬がふあんそうだったり、おちついてほしい時に、
「あくび」をしてみてほしいんだワン。
だっこされてる犬がなんども「あくび」をするのを見て、
「きもちよくて、ねむくなったのねぇ〜♪」って言ってると、
ぜんせかいの犬たちから、
「それ、ねむくありませんから!」ってツッコミ入ってるんだぞ。

あいだに、わってはいる

さて、カーミングシグナルを、つづけるんだワン!

犬どうしや、犬と人、人と人が、

近づきすぎたり、きんちょうしているときには、

犬が、そのあいだに、わってはいることがあるよ。

 

きみが、おかあさんに「おせっきょう」されてる時、

犬が、きみと、おかあさんのあいだに、

わってはいってきたこと、ないかな?

 

犬は、そうやって、あらそいをさけたり、

こわがっている犬を、まもったりするんだ。

このシグナルは、人もマネできるよ。 

 

犬がちょっと「やりすぎ」て、あいてがこまっていたり、

人がちょっと「やりすぎ」て、犬がこまっていたり、

あいてが、犬や、人でなくても、

「それは、してほしくないよ。」っていうときには、

このシグナルをマネして、
おだやかに、わってはいってほしいんだワン。

犬は「牙(きば)」をもつから

犬のことばの中でも、カーミングシグナルとよばれる、

犬どうしや、人間との、あらそいをさけたり、

きもちをつたえあったり、

犬が自分で自分を、おちつけるためにつかうシグナルは、

まだまだいっぱいあるんだワン!

だから、もうすこし、つきあってね。

 

きょうは、いままでの、おさらいなんだワン。

 

かおをよこにむける。

目をそらす。

からだのむきを、かえる。

カーブをえがくようにあるく。

ゆっくりあるく。

においをかぐ。

はなをなめる。

したをペロっとする。

 

犬は「牙(きば)」をもっている。

その「牙(きば)」で、あいてを「きずつけない」ために、

こんなにたくさんの「カーミングシグナル」が、

はったつしたのではなかろうか。ともいわれているんだ。

 

だから、

犬のカーミングシグナルを知って「せっしかた」に、きをつけてくれたり、

きみが犬のシグナルをマネしてくれたら、

きみはいまよりもっと、犬に「しんよう」されると思うんだワン! 

 

そうすれば、

犬があいてをきずつけてしまうような、

人にとっても、犬にとっても、かなしいことを、

ふせぐことができると、ぼくは思うんだワン。

はなをなめる。したをペロっとする。

犬が、したをペロっとだしたり、

はなをペロっとなめたりするのも、

カーミングシグナルなんだワン!

 
犬にまえから、おおいかぶさるようにしたり、
つかまえようとして、しゃがんだり、
ほかの犬がちかづいてきたりするときも、
したをペロっとだしたり、
はなをペロっとなめたりするよ。
 
それから、しょうめんから、カメラをむけられたときにも、
ペロっ!ってすることもあるんだワン。
だから、犬がペロっ!ってしたら、
ちょっと「えんりょ」や「はいりょ」をしてくれたら、
犬はうれしいんだワン!
  
それから、これは、ぼくもしらなかったんだけどね、
ぼくみたいに、「くろい犬」は、
「した」をつかう犬がおおいんだって。
「くろい犬」は、ひょうじょうが、
わかりにくいからなのかもしれないんだワン!
 
ペロっ!って、はなをなめるのは、
人はマネできないよね!やったー!
犬だけの、とくべつだね!
 
え?きみはできるって!?
そりゃすごいんだワン!

においをかぐ

犬がじめんや、ゆかのにおいをかぐのは、

そこに、なにかのにおいがあってかぐ時と、

カーミングシグナルのいみでかぐ時があるよ。

 

においをかぐのは、犬にとって、しぜんなことだから、

その時のじょうきょうを、かんさつしてほしいんだワン。

人がまっすぐこっちにむかってあるいてくる時や、

ほえる犬が近づいてくる時など、

人や犬がとおりすぎるまで、

からだをよこにむけて、じめんをかいで、

やりすごすこともあるんだ。

今までのシグナルと同じように、においをかぐのも、

あいてや、じぶんを、おちつかせたり、

あらそいをさけるため、つかっているんだ。

 

犬が「においをかぐ」って、とってもふかいんだワン!

カーブをえがくように、あるく。ゆっくりあるく。

犬のカーミングシグナル、じゃんじゃんつづけるんだワン!

 

前からくる人や犬に、まっすぐむかっていくのは、

犬にとっては「れいぎただしくない」ことなんだ。 

だから、おおきくカーブをえがくようにあるくよ。

あいてが、こわがっていたり、おこっている時は、

犬は、ゆっくりうごいたり、あるいたりするよ。

カーブをえがくようにあるいたり、ゆっくりうごいたりするのは、

人もマネできるんだワン!

人が、犬に「めいれい」したとき、犬がゆっくりうごく時は、

犬が人を「なめていたり」「わがまま」なのではなくて、

ただ、人のめいれいが、イライラしていたり、おこっていて、

犬は、それを、なだめようとしているのかもしれないんだワン!

からだのむきをかえる時

犬が、からだのむきをかえる時は、
あいてに「おちつこうよ」とつたえているんだワン。

ともだちのトイプーちゃんは、ぼくを見つけると、

いつもピューンと、まっすぐいきおいよく走ってくるんだ。
だから、ぼくは、からだをよこにむけるよ。

そうするとトイプーちゃんは、ぼくのすこしまえで、

スピードをおとすんだワン。そして、ゆっくりあいさつするよ。

おさななじみの犬とあそぶ時も、とちゅうで、

どちらかが、からだをよこにむけるよ。

ちょっときゅうけいしたら、またあそぶんだワン。


これは人も、犬に使えるシグナルだワン!

知らない犬となかよくなりたかったら、

まっすぐまえをむいているより、

よこをむいたり、せなかをむけたほうがいい。

そうすると、ぼくのように「けいかいしんのつよい犬」も、

じぶんから近づいてくるかもしれないよ。

 
そして近づいてきても、じっとして、さわらないで、
犬に、においをかがせてあげてほしいんだワン。

からだのむきを、かえる

さて、カーミングシグナルをつづけるだわン!

 

いままでに、かおをよこにむける。目をそらす。

この2つをしょうかいしたけれど、

こんどは、からだのむきを、かえる。だよ。

よこをむいたり、うしろをむいたり。

うふふ。これは、どんないみだと思う?

ぼくは、どんなときに「からだのむきをかえる」か?

そしてこれは、人もまねできるシグナルだよ!

つづきは、あしたなんだワン!

さて、もんだいです

まだまだ犬のことば、カーミングシグナルはいろいろあるけど、
きょうは、かんがえてみてほしいんだワン。

ある日のこと。

おさんぽしていたら、前からこどもがやってきた。
まっすぐぼくにむかって走ってくる。
犬だ!犬だーーっ!

ぼくはびっくりして、よこをむいたんだ。

こどもはぼくの目の前でピッタリ立ち止まって、

それからぼくの前にしゃがんで、かおをのぞきこんで、

ぼくのあたまをなでようとして、こういったよ。

「かわいいね♪ぼく、犬がすきなんだ!!」

べつの日。

おさんぽしていたら、
こんどは前からおばさんが歩いてきた。
ぼくをみつけると、道のはんたいがわにいどうして、

ぼくと目を合わせないようにしながら、

あたまを下げて、にっこりわらって、

「かわいいね。おばさん、犬がすきなのよ。」

といって、とおりすぎて行ったよ。

さて、もんだいです。

どっちが、犬にしんせつな「犬好き」でしょうか?

カーミングシグナルには、思いやりを

かおのむきをかえたり、目をそらしたりするのは、

カーミングシグナルの中でも、小さな声。

ほかにも、小さな声があるよ。

 

犬がペロっと、したをだす。

まえあしを、すこしあげる。

しらんかおする。

おじぎするように、あたまをさげる。

あくび。

ブルブルっとからだをふる。

じめんのにおいをかぐ。

 

こんな時の犬は、

ちょっといごこちがわるかったり、イヤだなぁ。と思っていたり、

あいてに、おちついて、って言っていたり、

じぶんで、おちつこうとしているんだね。って、

犬を思いやってほしいんだ。

 

さんぽの時がそうだ。

くびにつけられたひもで、ぎゅーぎゅーひっぱられると、

ぼくらは、みうごきがとれないんだ。

すると、小さな声でつたえたくても、つたえられないんだワン!

 

だからね、

大きな声を出さないですむように、小さな声が出せるように、

どうか犬を、犬たちを、きみんちの犬だけじゃなく、あいての犬も、

すべての犬の小さな声にみみをすまして、思いやってほしいんだワン。

ぼくからのおねがいなんだワン。