スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

犬にだって、いいぶんがあるぞ

犬はね、からだぜんぶで、きみにきもちをつたえているよ。

耳、目、かお、くち、しっぽ、あるきかた、しせい・・・

 

大人は、犬に「こうしなさい!」ばかりいわないで、

犬のきもちも、大人は、ちゃんときいてほしいんだワン。

 

こどものきみになら、きっとわかってもらえるとおもうんだワンよ。

 

 

おんりーワン

犬は、きみを見ているよ。

あるがままの、きみを。

 

きみが、べんきょうができても、できなくても、

スポーツができても、できなくても、

イケメンでも、そうでなくても。

 

犬のことも、あるがままを見てほしいな。


ぼくは、ぼく。

よそのいえの犬と、くらべられるの、あれいやだワン。

 

 

犬もたまには、ぼやきたい

きょうは、ぼやくよ。

ぼやきの、ぼくだよ。

ぼくももう、そろそろ、
ちゅうねん犬になるから、

たまには、ぼやくよ。

 

犬がじめんや、くさや、くうきの「におい」をかぐのは、

たいして、すごいこととは、おもってもらえてないんだワンなぁ。

 

ざんねんだワンなぁ。

 

あたまも、うんとつかってるし、

こころも、はぐくんでいるのになぁ。

 

においをかがないで、

よそみもしないで、

犬はいつも、
ぴったり人のよこについてあるくのが、
よいことだなんて。


においをかげないさんぽなんて、
もはや、さんぽじゃないんだワン。

 

ほんと、ざんねんだワンなぁ・・・。

犬とくらす人も

はしるのだいすきだワン!

おかあさんとはしると、うれしい!


ずっといっしょにはしりたいから、
おかあさんや、おとうさんも、
じぶんのからだを、たいせつにするんだワンよ。

オオカミには「のやま」がいるが、犬には人の「あい」がいる

ムツゴロウさんがいってたんだワン!

 

犬をかういじょう、心のひろい人でありたいね。

そのひろさの中に、犬がすむんだから。

いえのひろさじゃないよ。

心のひろさがいるんだよ。

 

 


広いいえにすんでも、ひとりぼっちはさみしい。

せまいいえにすんでも、かぞくといればうれしい。

かぞくのひろい心の中で、
あんしんしてくらしたいだワン。

ごりかいと、ごきょうりょくを・・・

よいこの、みんなへ。

どうか、きゅうに犬に手をださないでね。
 
おとうさん、おかあさんへ。 
こどもが、よその犬をなでたいといっても、
むやみに、なでさせないでください。
犬は人になでられるのが、うれしいと思っていたら、
それはちょっとちがいます。
 
 
犬だって、
じぶんのとうさんや、かあさんなら、ゆるせることでも、
しらない人だと、ゆるせないこともあるんだワン。
 
 
犬のしつけがなってない!っていうまえに、
じぶんのこどものしつけしろだワン!
 
 
・・・じゃなくて。
 
どうか「ごりかいと、ごきょうりょく」をおねがいしますだワンよ。

ぼくは、おこっている

ぼくは、おこっているよ。

 

なでられた「ねこ」が、いやがって「シャッ!」っていうと、

「ごめん、ごめん!」って、みんなあやまるのに、

なでられた「犬」が、いやがって「ウーー!」っていうと、

「コラ!」ってしかられるのは、なんで!?

だれか、ぼくにせつめいしてほしいんだワン! 

それってとても「ふこうへい」だと思うんだワン!!

 

きみは、ぼくのこのきもち、わかってくれるかなぁ。

なぜ犬とくらすの?

犬のカーミングシグナルは、犬のことば。

いっしょうけんめい、思いをつたえようとしているのに、

それを「むし」しつづけられたら、犬は、どんなきもちになるだろう。

 

もしもきみだったら、どんなきもちになる?

 

はなすのを、あきらめるかな。

それとも、もっと大きな声を出すかな。

はなすのを、あきらめても、

大きな声を出しても、

どっちをしても、しかられたら、

いったい犬は、どうすればいいんだワン。

 

なんのために人は、犬とくらしているんだワン?

においはウソをつかない

今日はカーミングシグナルお休みして、

かぞくのはなしをするんだワン!

もうじき、ぼくのお兄ちゃんが家を出て、

1人ぐらしをするんだって!

だからお兄ちゃんは、さいきんぼくに、
「ペコにあえなくなるのが、さみしいな。」って言うんだ。

ぼくが家に来た時、お兄ちゃんは、まだしょうがくせいだったんだって!

チビッコだったお兄ちゃんは、どんどん大きくなった。

お兄ちゃんは、いつもやさしかった。
ぼくにおやつもくれた。
あそんでくれたし、いっしょにさんぽもいった。

お兄ちゃんは、いつも、ぼくのみかたなんだ。


お兄ちゃんが「ただいま」ってかえってくると、
ぼくはお兄ちゃんのきもちが、においでわかってた。
あせのにおい。
イライラしてるにおい。
おいしいにおい。

なみだのにおい。

 

もしかしたら、ぼくは、おかあさんよりも、

お兄ちゃんのこと、しってるかもしれないんだワン!

きみの家の犬も、きみのこと、においでわかってるかもしれないよ。
サッカーのしあいでまけちゃって、くやしかったこと。

おかあさんの目には見えない、きみの「汗と涙」も、

犬は、においでわかってるかもしれないよ。

1