犬は「牙(きば)」をもつから

犬のことばの中でも、カーミングシグナルとよばれる、

犬どうしや、人間との、あらそいをさけたり、

きもちをつたえあったり、

犬が自分で自分を、おちつけるためにつかうシグナルは、

まだまだいっぱいあるんだワン!

だから、もうすこし、つきあってね。

 

きょうは、いままでの、おさらいなんだワン。

 

かおをよこにむける。

目をそらす。

からだのむきを、かえる。

カーブをえがくようにあるく。

ゆっくりあるく。

においをかぐ。

はなをなめる。

したをペロっとする。

 

犬は「牙(きば)」をもっている。

その「牙(きば)」で、あいてを「きずつけない」ために、

こんなにたくさんの「カーミングシグナル」が、

はったつしたのではなかろうか。ともいわれているんだ。

 

だから、

犬のカーミングシグナルを知って「せっしかた」に、きをつけてくれたり、

きみが犬のシグナルをマネしてくれたら、

きみはいまよりもっと、犬に「しんよう」されると思うんだワン! 

 

そうすれば、

犬があいてをきずつけてしまうような、

人にとっても、犬にとっても、かなしいことを、

ふせぐことができると、ぼくは思うんだワン。

スポンサーサイト

コメント