スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

5つの自由は、どうぶつとくらす「きほん」

「どうぶつふくし」の5つのじゆう。

犬や、どうぶつたちの「しあわせ」は、5つのじゆうを「きほん」にして、

それにあてはまっているかを、いつもかんがえてほしいんだワン。

 

1は、飢(う)えと、渇(かわ)きからの自由

けんこうでいられるような、たべものと、水があたえられること。

 

2は、不快(ふかい)からの自由

きもちよくくらせるばしょを、よういすること。

 

3は、痛(いた)み、負傷(ふしょう)、病気(びょうき)からの自由

けがや、びょうきになるのをふせいだり、びょういんへつれていくこと。

 

4は、恐怖(きょうふ)や抑圧(よくあつ)からの自由

こわい目に合わせたり、こうどうやじゆうを、むりやりおさえつけないこと。

 

5は、正常(せいじょう)な行動(こうどう)を表現(ひょうげん)する自由

せいじょうなこうどうができる場所や、そのきかいがあること。

  

 

たとえば、びょうきや、けがをして、しずかにしていなければならない犬は、

5つのじゆうに、あわないかもしれないんだワン。

そうしたら、「じゃぁ、かわりになにができるかな?」って、

いろいろなばめんで、この5つのじゆうを思い出して、

きみなりに、かんがえてくれたらうれしいんだワン♪

 

 

スポンサーサイト

コメント