スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スンスンとクンクン

犬の「はな」って、おもしろいでしょ!

犬の「ひみつ」をしることで、犬が「なぜそんなことするのか?」が、

きみにも、わかってもらえたらいいなぁ!

犬が「においをかぐ」ときの、ようすをみていると、

うえのほうに「はな」をむけて、スンスンとかいだり、

じめんに「はな」をくっつけて、クンクンとかぐのがわかるよ。

 

においは、小さな、小さな「ぶんし」という「つぶ」でできてるんだ。

 

うえのほうには「かるいぶんし」がとんでいて、

じめんのちかくには、「おもいぶんし」があつまっているよ。

うえのほうに「はな」をむけてかいでるときは「かるいぶんし」

じめんに「はな」をくっつけてかいでるときは「おもいぶんし」

犬は、ちゃんとそれぞれのとき、「はなのつかいかた」をかえてるんだ。

 

それから、

「おてんき」や、「かぜのむき」、「しつど」によっても、

においのながれや、においのあつまるばしょが、かわるよ。

 

「しめったかれは」があつまってるようなばしょは、

いろんなにおいが、たまっているから、

きみの犬も、クンクンとにおいをかぐんじゃないかな?

スポンサーサイト

コメント