スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

オオカミと犬 その1

オオカミのくらしをしらべれば、犬のことがわかる。
そうかんがえた、むかしのかがくしゃたちは、
オオカミをあつめてきて、そのむれを、かんさつしたんだ。

てきとうにあつめられて、いきなりむれにされたオオカミたちのあいだには、
あらそいがおきたり、たたかうこともあった。

でも、てきとうにあつめられて、むれにされることなんて、
ほんとうのオオカミのくらしには、ありえないことなんだワンよ。

そのむれをかんさつして、みちびきだされたことを、
犬にあてはめちゃったんだワンね。

むれのなかでくらすオオカミとおなじように、
ペットの犬も、リーダーのイスをねらっている。
だから、人が犬になめられないように、

人は犬の上に立たなければならない。ってね。

でも、かんさつしたオオカミのむれが、

そもそも、ほんとうのオオカミのむれとはちがっていたんだから、
オオカミについても、ごかいされてたってことだワン。

じゃぁ、ほんとうのオオカミのむれってどんなの?

これは、とてもだいじなことだから、
あしたへつづくんだワン!

スポンサーサイト

コメント

まるで牢屋に入れられて牢名主が出来たからとかって事みたいな。。。
変な事して決めつけないでって思いますね。。。

  • しじみ
  • 2017/04/20 08:04

ほんとうだワン!
みんな、もっとべんきょうしてほしいんだワンね!

  • ペコ
  • 2017/04/23 21:40