スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

犬・目をそらす

犬のことばって、どう?おもしろい?

人間もまねすることができるってこと、わかってくれたワン?

 

「そうか。OK!きもちはわかった!」って、

犬のきもちに、人がこたえてくれたり、

人が犬のまねしてくれて、ホッとさせてくれれば、

その人はきっと、犬に「しんよう」されることまちがいないんだワン!

 

それからね「かおをよこにむける」とよくにている、

「目をそらす」というカーミングシグナルもあるよ。

きみは「目」だけを、右から左へうごかすことはできる?!

犬は「じっと見つめられる」ことが、あまりすきじゃないんだ。

犬どうし、あいてにおちついてほしい時などには、

見つめないように、目をそらすんだ。

 

人間はよく犬に「アイコンタクト」をもとめるけれど、

その時も「ぼんやりした目」や「ほそい目」で、

やさしく見てくれるとうれしいんだ。

・・・ってことは、

もともと「ほそい目」の人は、ラッキーかもしれない!?

犬もたまには「じょうだん」いうだワン♪

 

カーミングシグナルは、まだまだつづくんだワン!

犬が、かおをよこにむけたら

犬が、かおをよこにむけたら、どうしてほしいか。

それは、とってもかんたんなことなんだワン。

今、きみがしようとしていることを、やめてほしいんだワン。

 

その時の犬は、いごこちがわるかったり、

あいてにおちついてほしいと思っていたり、

それはちょっとイヤだな。とかんじていることが多いよ。

だから、小さな声のうちに、それがつうじれば、

犬は、ホッとするんだワン!

 

犬が、かおをよこにむけるのは、

犬にとっては、まだ小さな声なんだ。

小さな声がつうじないことがつづくと、

いつか犬は、大きな声を出さなければいけなくなってしまうんだ。

大きな声を出した時「わるい子ね!」って犬は、しかられちゃうけど、

ぼくたち犬にとったら「どっちが、わるいの?」って、

せかいの中心で、さけびたいくらいなんだワン。

犬をだいひょうして、さけびたいくらいなんだワン。

 

それからね、「かおをよこにむける」は、

きみもまねすることができるよ。

こわがっている犬や、きみにむかってほえる犬や、

むこうから、犬が歩いてきたときに、かおをよこにむけてくれたら、

犬にとっては、とても「しんせつ」で「ありがたい」ことなんだワン!

犬・かおをよこにむける

きみがとおりを歩いていたら、

むこうから、だれかが歩いてきた。 

そんなとき、きみはどうするかなぁ。

 

大好きなともだちなら、はしっていくかな。

しらない人や、ちょっとこわそうな人なら、みないようにするかな。

犬はそんな時、かおをよこにむけて、

あいてをみないようにすることがあるよ。

そもそも犬にとって、まっすぐ見つめるのは、

あまり「れいぎただしくない」とされているんだワン。

犬がかおをよこにむけるのは、

たたかうつもりはないよ。

れいぎただしい犬だよ。

ちょっといごこちがわるいよ。

おちついて。

おちつこう。

それはイヤだよ。

など、その時のじょうきょうによって、いろいろないみがあるけれど、

「いいね!」じゃない。ってことは、たしかなんだワン!

 

じゃぁ、その時、犬はどうしてもらいたいのか?

どんな時にまねするといいのか?あしたへつづくんだワン!

カーミングシグナル

きみ、犬のことばをしりたくなったんだね!

いいぞ!いいぞ!

 

犬のことばは、

からだや、みみ、め、くち、かお、ひょうじょう、

しっぽや、どうさで、つたえるといったよね。

 

その中でも、

犬どうしや、人間とのあらそいをさけたり、

あいての犬や人間に、今のきもちをつたえたり、

犬が自分で自分を、おちつけるためにつかうことばを、

「カーミングシグナル」とよぶんだワン!

 

それをこれからぼくが、じゅんばんに、かいせつしていくよ。

きみもまねしてみてね!あしたからだワン!