スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

犬が、かおをよこにむけたら

犬が、かおをよこにむけたら、どうしてほしいか。

それは、とってもかんたんなことなんだワン。

今、きみがしようとしていることを、やめてほしいんだワン。

 

その時の犬は、いごこちがわるかったり、

あいてにおちついてほしいと思っていたり、

それはちょっとイヤだな。とかんじていることが多いよ。

だから、小さな声のうちに、それがつうじれば、

犬は、ホッとするんだワン!

 

犬が、かおをよこにむけるのは、

犬にとっては、まだ小さな声なんだ。

小さな声がつうじないことがつづくと、

いつか犬は、大きな声を出さなければいけなくなってしまうんだ。

大きな声を出した時「わるい子ね!」って犬は、しかられちゃうけど、

ぼくたち犬にとったら「どっちが、わるいの?」って、

せかいの中心で、さけびたいくらいなんだワン。

犬をだいひょうして、さけびたいくらいなんだワン。

 

それからね、「かおをよこにむける」は、

きみもまねすることができるよ。

こわがっている犬や、きみにむかってほえる犬や、

むこうから、犬が歩いてきたときに、かおをよこにむけてくれたら、

犬にとっては、とても「しんせつ」で「ありがたい」ことなんだワン!

犬・かおをよこにむける

きみがとおりを歩いていたら、

むこうから、だれかが歩いてきた。 

そんなとき、きみはどうするかなぁ。

 

大好きなともだちなら、はしっていくかな。

しらない人や、ちょっとこわそうな人なら、みないようにするかな。

犬はそんな時、かおをよこにむけて、

あいてをみないようにすることがあるよ。

そもそも犬にとって、まっすぐ見つめるのは、

あまり「れいぎただしくない」とされているんだワン。

犬がかおをよこにむけるのは、

たたかうつもりはないよ。

れいぎただしい犬だよ。

ちょっといごこちがわるいよ。

おちついて。

おちつこう。

それはイヤだよ。

など、その時のじょうきょうによって、いろいろないみがあるけれど、

「いいね!」じゃない。ってことは、たしかなんだワン!

 

じゃぁ、その時、犬はどうしてもらいたいのか?

どんな時にまねするといいのか?あしたへつづくんだワン!

カーミングシグナル

きみ、犬のことばをしりたくなったんだね!

いいぞ!いいぞ!

 

犬のことばは、

からだや、みみ、め、くち、かお、ひょうじょう、

しっぽや、どうさで、つたえるといったよね。

 

その中でも、

犬どうしや、人間とのあらそいをさけたり、

あいての犬や人間に、今のきもちをつたえたり、

犬が自分で自分を、おちつけるためにつかうことばを、

「カーミングシグナル」とよぶんだワン!

 

それをこれからぼくが、じゅんばんに、かいせつしていくよ。

きみもまねしてみてね!あしたからだワン!

犬のことばを、きみにも

犬はぬいぐるみじゃないんだワン。

犬だって、きみとおなじようにちゃんと、
いきもすうし、ちもでるし、
うれしかったり、かなしかったりするんだ。
 

そして、大きくても、小さくても、犬は犬なんだ。

犬は、せかいきょうつうのことばをもっているよ。
 
大きな犬も、小さな犬も、そのきょうつうのことばで、
きみにせいいっぱい、つたえているよ。
いろんなきもちを、つたえているよ。
犬のことばをきみに、しってもらいたいよ。
そして、つかってもらいたいよ。
 
えー?人間に犬のことばがつかえるの?
うそじゃないんだ、これ、ほんとのことなんだワン!

わるぎはないんだ。ただいやなだけ。

ある日のこと。

きみがうしろむいてたら、クラスメイトのひとりが、

ふざけて、きみのかみの毛をひっぱった。

いやだなぁ・・って思ったきみ。

 

つんつん。

 

いやだよ、やめて・・・

 

つんつん。 

 

もうやめてったら・・・

 

つんつん。

 

しつこいな!もうやめて!!

 

大きな声でいったきみは、クラスメイトの手をふりはらった。

 

その手にあたってころんだクラスメイト。

けがしちゃったんだ。

 

きみは、せんせいにしかられちゃうかな。

もしそうなら、くやしいよね。

 

いちばんはじめに、きみがやめてっていったとき、

すぐにやめてくれたら、こんなことにはならなかったのに。って、

きみは、おもうかな。

犬もいやだなぁ、ってかんじると、ちいさなことばをはなしているよ。

はなしているのに、きいてもらえなくて、大きな声になる。

犬が人をかむのは、犬のいちばん大きな声。

 

ぼくら犬にわるぎはないよ。

ただ、いやなだけなんだワン。