スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

飢えと、渇きからの自由

犬だけじゃなく、どうぶつたちの「しあわせ」のために、

せかいには、「5つのじゆう」というかんがえがあるんだ。

ぼくといっしょに、ひとつずつべんきょうしようだワン!

 

いちばんはじめは、どうぶつが、いきるためにひつようなこと。
 
飢(う)えと、渇(かわ)きからの自由
そのどうぶつにとって「ひつよう」な、たべものをあたえること。

そして、いつも「しんせんな水」がのめるようにすること。

   

   

ちょうちょは、たべものじゃないって、

ぼく、わかってるんだワン!

 

ぼくらはけっして「ぜいたく」をしたいわけじゃないよ。

犬が「けんこう」でいられるような「ごはん」と、

いきるために「ひつよう」な水。

   
   

あたりまえのことだけど、あたりまえにされてないから、

5つの中のひとつに、きっとあげられているんだワンね。

 

5つの自由

人は、なぜ犬とくらしているの?

ぼくは、それを、人びとに、
よくかんがえてもらいたいんだワン。
 
犬が、かわいいから?
犬に、いやされるから?
犬とさんぽすると、けんこうになるから?
おりこうな犬を、つれてあるきたいから?
 
ちょっとまって!
犬の「しあわせ」は、どこ行ったんだワン?
犬だけじゃなく、どうぶつたちの「しあわせ」のために、
せかいには、「5つのじゆう」というかんがえがあるんだ。
明日から、ひとつずつ、いっしょにべんきょうしようだワン!
 
 

犬の見ているせかい

そろそろ、はるだね!

いろんな花がさくと、おかあさんは
ぼくを花のそばにすわらせて、

「きねんしゃしん」をとりたがるよ。

ぼくは「花よりだんご」なのにさ!

 

きみは、しってるかな?

ぼくらの見ているせかいと、人の見ている世界は、ちがうんだワン。

犬と人では、目のしくみがちがうから、色の見え方がちがうよ。

 

下のしゃしんは、そのイメージだよ。

 

 

チューリップの前で、すわらされても何がきれいなのか、

ぼくにはさっぱり、いみがわからないんだワン! 

  

「犬」と「にんげん」は、同じ「どうぶつ」だから、

にているところもあるけれど、ちがうところもある。

こんなぐあいに、犬の目は、
「あか」や「みどり」が、
「きいろ」や「あお」に見えているよ。
 

犬と人。

にているところや、ちがうところをしることで、
犬への「りかい」がふかまって、

思いやりにつながると、ぼくは、思うんだワン。

犬、人、人。犬、人、人、犬。

犬、人、人。

犬、人、人、犬。

 
何かの「あんごう」かと思っただワン?
さんぽ中、人や、犬をつれた人と、すれちがう時に、
こんなふうにならんで歩くと、 人にも犬にも、やさしいんだワン!
 
トランク嬉しい   女
犬 きみ   人
    
    
トランク嬉しい   女犬
犬 きみ   人 犬
      
     
犬が「人のせかい」でくらすために、
こころづかいは、たいせつなんだワン!

愛犬の〇〇

愛犬(あいけん)の〇〇。

きみは、〇〇に、何をいれるだワン?

 

ぼくは、「フン」だよ!

 

さんぽで、ぼくが「うんち」をすると、

おかあさんは、だいじそうに「ふくろ」に入れるんだ。

そんなものあつめて、どうするつもり?って、

いつもふしぎなんだワン。

 

でも、うれしそうに「ふくろ」に入れて、

「いいうんちだ!」ってよろこぶから、

ぼくも、うれしくなるんだワン!

 

でも、「ふくろ」に入れない人もいるんだね!

だって、あちこちに、「うんち」がおちているもん。

 

愛犬のフンは、もちかえりましょう。って、

だれかにおしえてもらわなくても、

愛犬のフンなら、もちかえってほしいんだワン。

きみの犬が、きみにとって「愛犬」なら、

うんちはその「愛犬のフン」なんだからさ。